スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012第52回全日本模型ホビーショーに行きました。

IMG_3211.jpg

今年もやってまいりました日本プラモデル工業協同組合主催の全日本模型ホビーショーの季節が。
過去行ったり行かなかったりで、つかず離れずな感じのイベントですが、今年は友人の誘いにのって行ってきました。
キャラクターモデルを中心に見て回りました。(写真は今回のバンダイ目玉MGνガンダムver.Kaの試作)
以下、内容です。


IMG_3204.jpg IMG_3205.jpg
バンダイブースはMGνガンダムver.KaとRGZガンダムが推されてました。
νガンダムはこれで7千円超えはちょっと高いなあという印象だったのですが、まだ隠しギミックがある模様。11月に行われるガンプラEXPOで発表されるとのこと。ヘビーウェポンシステムが付くなら値段的には納得(というか安い)な印象だけど、せいぜいファンネルビームエフェクトとかファンネルバリア再現エフェクト、サザビーコクピット付属あたりかなあ。

  • ダブルフィンファンネルが可能なバックパックの接続部がもう一個付属してる(ただしファンネルは6つしかつかないので、羽みたいにブワっとつなげるにはもうひとつ買う必要がある)
  • ファンネル射出状態が再現可能な特性スタンド付属
  • PGのような可動指手首
  • 武器保持も可能なように掌と武器それぞれに突起を展開することができ、互いの凹凸を接続することで強固に保持が可能
  • カトキデザインの水転写マーキング付属
  • ABSレスキット
  • 別売LEDで目とコクピット部のサイコフレームが光る。
  • たしか、バズーカに伸縮ギミックがあって、力強いポージングが可能とか言ってた。

ところで、この画像(左写真)のνガンダム本体色の濃紺→青の色変更が何気にツボでした。


IMG_3214.jpg IMG_3215.jpg MGνガンダムver.Kaパッケージ
νガンダムはEVOLVE5でのアレンジがかっこよくて、ガンダムフロント東京での再登場でキット化しないかなあとうすーく思っていたのが実現しました。とはいえ模型誌など見たνガンダムはそれほど心動かされなかったのですが、今回色の入ったこの試作品を見てグッと興味が湧いてきました。

IMG_3215.jpg MGνガンダム(旧版)
右の写真は旧MGνガンダムです。ファンネルの重みで向かって右側に上体が斜めに傾いてますよね。ver.Ka(左写真)ではこうならないように股関節の付け根が回転して足の付け根を左右で高さを変えることで傾かないようにバランスを調節することができるそうです。このポイントはちょっと感心しました。
ちなみにver.KaはMGユニコーンガンダムと並べて違和感のないモデルを目指して開発したそうですが、写真右の旧νガンダムと手前のMGユニコーンを比べると旧νの頭が大きすぎてあまりにも同一世界のロボットに見えないのがちょっと面白かったです。うーん、なるほどぉ。


IMG_3216.jpg
もうすぐ発売のMGガンダムAGE-2ダークハウンド。実はマスターグレードのAGE-2には造形にちょっと違和感があって、胸部(特に脇乳)がカクカクしすぎてるような気がしてます。
とはいえ、ダークハウンドはガンダムAGEの中で二番目に好きなMSなので、これは欲しいなあ(ちなみに一推しMSはジャックエッジ)


HGガンダムAGE-1フルグランザ
HGガンダムAGE-1フルグランザ。気が付かなかったんですが、ゼフルドランチャーも付いてるんですね。腹部、足部は元キットに追加装甲を被せるけど、肩部は差し替えじゃないかな。


HGシャルドールローグ
海賊MS推しとしてはシャルドールローグ開発の知らせは吉報でした。ビームアックスとドッズバスター付属は貴重ですよ。(あやうく作るところだった…汗)


ビルダーズパーツウェポン4
順調にシリーズ展開しているシステムウェポンの第四弾。個人的には第三弾と第四弾を揃えれば、プレミアムバンダイを使わなくてもホワイトディンゴ仕様のジムスナイパーIIが作れるというのがツボなのですが、これ二つ買うことを考えれば送料払ってもプレバン使った方がいいじゃんということに改めて気が付く今日この頃。

ビルダーズパーツ作例1
ビルダーズパーツ作例のゲルググマリーネ。とげとげしてるのが厨二ぽくて良いですね。ガンプラビルダーズをまだやってる頃に発売されたら企画ももう少し盛り上がったのになあとちょっと思う。

ビルダーズパーツ作例2
作例その2。リゼル頭部に無理やりブレードアンテナをつけてるのがポイント高いですね。これ、違う色でリペイントしたら結構見違えるんじゃないかな。


プレミアムバンダイの新製品コーナー
スコープドッグ
1/20スコープドッグメルキア軍カラー。なぜ今この企画が走るのかよくわからない。ボトムズ関係なんかあるんだっけ?

HGUCリゼルbディフェンサー
HGUCリゼルC型bディフェンサーユニット。リゼルも装備派生がいっぱいあって訳がわからなくなってきましたね。

RGストライクルージュ
RGストライクルージュ+HG I.W.S.P。I.W.S.PがHGなのがなんだか残念な感じですが、装備的にはかっこいいですね。


バンダイその他新作
MGトールギスI MGトールギスIポップ MGトールギスIパーツ説明
ガンダムWは「お前を殺す!」までした見てないので作品は語れないのですが、MSではトールギスIIIが一番かっこいいかなとか思ってます。
そういう意味ではその前進のトールギスIがMG化というのはちょっとワクワクしました。
デザイン画のトールギスIはもっさりした印象だったのですが、MGは三角形のどっしり体系でカッコいいですね。(エンドレスワルツ版はデザイン自体がTV版とは違うのかな)


MGトールギスI頭部説明
面白いのは頭部。頭を外すと中にはリーオーが出てくるみたいな状態になってます。開発系統が再現されてて面白いですね。ただ、リーオーってあんまりよく知らないけど(^^;


HGUCバイアランカスタム HGUCバイアランカスタムポップ
HGUCバイアランカスタム。映像版ガンダムユニコーン第四話で突然登場して度胆を抜かれたあの機体が1年を経てキット化です。ロボット魂を買い逃した身としては非常にうれしい。展示もボリュームがあってよかったですね。サイコガンダムと戦わせると面白そう。

HGUCユニコーン4話ジオラマ
そんなわけで第四話の戦闘シーンを再現したジオラマ。違う角度で見たかったな。


HGUCローゼンズール HGUCローゼンズールポップ
映像版ユニコーン第五話の最後にちょろっと出てきたローゼンズールもHGUCで登場。個人的にはそれほど思い入れはないのですが、ガンダムUC関連が好調であることを示すようなキット化ですね。

MGバンシィチタニウムver
MGバンシィのチタニウムフィニッシュバージョン。ギラっと光る仕上げが綺麗ですね。ゲート跡が綺麗に処理できる方法が開発されることを期待してます。


HGUCデルタカイ
HGUCデルタカイ。ユニコーンMS-Vの影のエースとも言える機体。個人的には設定は少し外してしまっている機体という印象がありますが、カラーリングを変えるとずいぶんかっこよくなりそうです。


RGZガンダム RGZガンダムウェーブライダー
もうひとつの目玉のRGのZガンダム。手首を含めて差し替え無しで変形、かつ変形シーケンスの簡略化でスムーズに変形するようです。シルエットもかっこいいですね。あとは可変機にありがちなMS形態での関節のふにゃふにゃ感がなく、かっちり立ってバリッとポーズが決められるとうれしいなあ。

ガンダムA付録Zガンダム胸像
2012年11月26日発売のガンダムAに付録として登場する1/48(だよね?)Zガンダム胸像。頭部は顔の大きさとかアンテナの位置など好みが分かれるかもしれませんが、胸部の造形とかはなかなかいいですね。そのまま全身を作ってメガサイズモデルとかでないのかな。


wave
waveギャラガ自機
ギャラガの自機だそうで。こんなんだったっけ?

waveソルバルウ
ゼビウスからソルバルウ。台座がアンドアジェネシスというのが気が利いてて良いですね。この勢いでバンゲリングベイもやっちゃってください。

waveファイター1、2 waveファイター1、2ポップ
クラッシャーJOEより戦闘機のファイター1、2の完成品。1/100なんですが割とでかいんですよね。エルガイムに対してプローラーくらいの大きさがあるかも。

 waveミネルバ
ミネルバも登場。羽が青いですがOVA後期のモデルですかね。なんにせよクラッシャーJOE関連の商品が出るのはうれしいですね。できればキットでもう少し安価で出てくれるともっとうれしい。

-------2013.01.04追記------
ミネルバは2013年01月26日発売予定だそうですね。予約できるようになってますね。


-------------------------


waveHRP-4C未夢
元ネタしらないのですが、なんかシュールなので撮ってみた。今、調べてみたけどこれスゲーな。キットはもう少し頭部を小さく、肩をなで肩にしたら可愛いかも。


ここからwaveのロボット関連
waveゴーグ
巨神ゴーグが出ますね。マノンガーディアンとコンパチかしら。
個人的には当時を懐かしむ劇中忠実再現モデルよりかは今の解釈でかっこよくするとこんな感じになりますというのを見てみたいですが、そういうニーズはあまりないのかしらね。


waveラビドリードッグ waveエルドスピーネ
ボトムズ関連もいろいろ出るみたい。

waveガリアン waveガリアンポップ
モリっとしてて劇中イメージなガリアン。中世イメージのかっこいいのは完成品トイで他社から出てるのでアプローチとしては仕方ないですかね。ただ、これで数万円は個人的には手が出ない。

waveバイファム waveバイファムその2
バイファムも肩幅が広くて手が大きくかっこいいですね。写真右ではポッドの再現も伺えますね。これはうれしい。

waveバイファムポップ waveバイファムポップ2
開発過程はマスターファイルブログで紹介されるそうです。

waveレイズナーmk-IIその1 waveレイズナーmk-IIその2 waveレイズナーmk-IIポップ
レイズナー関連があってうれしい。まさかのmk-IIです。昔デザインみたとき「何、このソロムコダルジャン!?」って思ったんですが、あまり細すぎないこのアレンジはかっこいいと言えるラインにまでデザインを押し上げてるかと。なんか脳内希望とかが作用してだんだんかっこよさがましてくるような気もしますけど。
1/48(21cm)ということでマスターグレードよりも一回りくらい大きいですかね。存在感があるんですが、値段が気になります。今思うとバンダイのR3(リアルロボットレボリューション)がもっと売れてたら80年代ロボットものの立体物の展開はまた違うものになったんじゃないかなあ。少し残念ですね。

waveザカールポップ
同スケールのザカールも開発中とのこと。これ売れたら四鬼隊メカも出るかな。

ハセガワVF25
ハセガワからメサイヤバルキリーのファイター形態が出るそうです。版権的にバンダイとの間でVF-1とバーター取引したみたいですね。

ハセガワフェイイン1  ハセガワフェイイン2
おまけ。ハセガワバーチャロン関連もまだまだ元気ですね。このキット、胸部の大きさが選択できるとか。笑ってしまった。昔ミクロマン女性素体でもこういうのありましたね。



そんなわけで、ほとんどキャラクターロボットものでしたが見て回った模型ホビーショーをレポートしました。
ここ数年は業者デーに新情報がネットで流れるので新しい発見をしに行くという感じではなくなりましたね。
それでも間近で試作品を見るという行為は文章や写真での情報とは異なる印象を与えてくれたり、友人と感想を交換する楽しみとかもあってなかなか良いですよ。



     

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

νガンダムよかったですね。ver.KaといってもRG的な雰囲気でもあって。もともとイボルブがこんな感じだったんでしょうか。ゼータガンダムヘッドは驚きました。RGゼータと合わせてぜひ欲しいとこです。WAVEのキットはどれも興味深いですよね。値段的には厳しいですが、この出来で本当に欲しかったような物が出たらとても無視できそうにありません。

No title

>マッキさん
確かにνガンダムの白い部分のホワイト、グレーの色分けはRGみたいでしたね。模型誌の写真では意外とそそられなかったんですが、彩色見本はすごく魅力的に感じました。
waveの80年代ロボットシリーズはちょっと良いですよね。バンダイが半ばあきらめかけたジャンルを手掛けるというのは、ファンにとっても良いことだと思います。ネックは値段なんですよねー。
書いている人

はちじょう

Author:はちじょう

スカウター
投票受付中!
無料アクセス解析
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。