スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC MS-06R-1A 高機動型ザクII 黒い三連星仕様 【スジ彫り始めました】



進捗がだいぶ遅れています。(汗)
マスオディテールに憧れて、スジボリとかを始めてみたのですが、
ライン取りにセンスがいるし、左右対称に掘るのも難しくて、厄介ですね。

ところで、スジボリってどういう書き方がメジャーなんでしょうかね。
スジボリ、すじぼり、スジ彫り、筋彫り、釣り堀…。


インターネットでいろいろ調べて以下のような手順でやってます。

  1. マスキングテープをスジ彫りしたいパーツの面を覆うように貼る。
  2. 彫りたいラインを鉛筆でマスキングテープの上に書く(おおむねでいいです)。
  3. マスキングテープは一度はがしてまた貼るので、貼り位置がわかるようにパーツの角を鉛筆かペンでなぞってマスキングテープに印を付ける。
  4. マスキングテープをはがした後、ラインを決めてペンで清書する。
  5. 薄めのプラ板(私は手元にあった0.14㎜を使用しました)を清書したマスキングテープにラインまたがるように貼る。
  6. 先ほど清書したラインに沿って  デザインナイフで切り取る(マスキングテープとプラ板を一緒に切り取る)。  切り取った部分がスジ彫りのガイドになります。
  7. プラ板を貼ったマスキングテープを同じようにパーツに貼ります。
  8. プラ板部分をガイドにして溝を彫ります。私はクレオスのラインチゼルを使ってます。違う太さのスジを彫るのにスジボリ堂のタガネが欲しいです。
  9. 左右対称のパーツにスジボリをする場合は、改めてマスキングテープを用意して反対側のパーツに工程1と工程3を行います。
  10. 先ほど切り出したプラ板を上記のマスキングテープに貼ります(位置決めを慎重に)。
  11. 工程8を行います。


これでおおむね直線を引くのと左右対称のパーツに同じような線を引くことができます。
ただ、まだまだ精度が低いので、慣れともう少し良い方法の模索をしたいと思います。

特にプラ板の固定が難しいのと、反対側のマスキングテープにプラ板を貼るときの位置決めが難しいです。
コツが分かったらまた書いてみたいと思います。

    

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

書いている人

はちじょう

Author:はちじょう

スカウター
投票受付中!
無料アクセス解析
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。