スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】MG νガンダム Ver.Ka

MG_νガンダムVerKaタイトル
おととしの暮れに発売されたMG νガンダムVer.Kaですが、今年に入ってようやく完成しました。
はぁはぁ。
斜め
改造はぜんぜんやってません。
組み立て説明書のCADの写真の本体色紫というのがちょっといいなと思って、オリジナルカラーに
することにしました。
結局、紫にするのはやめて、基本色であるインディブルーを組み立て説明書通りに黒を混ぜるのではなくて、
白を混ぜて明るくする方向に決めました。
ただ、そうすると意外にも緑っぽくなってしまうため、色の源のシアンを適度に混ぜて青っぽくしています。
赤と黄色も青と喧嘩しないように明度を上げて、すこし薄い感じにしています。

意図しなかったのですが、アムロ大尉の軍服みたいなカラーリングになりました。

正面
黄色は挿し色と言っていいのか微妙な感じですが、色の配置が多いので取り散らかった印象にならないように
かなり明度を上げてます。レモン色よりも白に近いかも。

背面
赤はピンクの手前くらいの明度です。


バストショット
バストショット


アムロフィギュア
1/100アムロフィギュア。MG付属のフィギュアは初めて塗りました。
パイロット姿の方も塗ったのですが、結局本体の中に納まっちゃった。


左横
アムロ・レイの頭文字のデカールが印象的。
でも、自分のイニシャルがでかでかと貼ってあったら、自分は恥ずかしいです。

発動正面
一応目玉として用意されていたサイコフレーム発動モード。
ユニコーンガンダムのように各所をガシャコンと開いたり伸ばしたり、外したりすると中から緑色の光るフレームが見えるという仕組み。
アクシズショックを支えた謎の現象の体現ですね。


発動左横
ユニコーンデストロイモードのように頭身があがって気味が悪い一面もあります。


発動背面
発動モードは設定後付感が大きくてあまり好きではないのですが、せっかく付けられたギミックなので、
全肯定することにして、そのための味付けとしてフレームの一部をメタリックグリーンにしています。


フィンファンネル装備
ファンネルを装備した状態。
しかし直立させるのがとても難しいですね。足の付け根が回転して手前あるいは奥に付け根を移動できるので、ファンネルを支える一役を買う予定だったのですが、慣れてないせいかかっこよく立たせられません。
またファンネルポロリも結局効果的な解決が見つからずに完成させてしまいました。


バズーカ持ち
バズーカ持ち。武器は指定色を塗装しました。あまり違和感はない…かな?
バズーカの砲身が伸びるのがなぜだかわからない…そういう設定だったっけ?


バックパック
発動モードのバックパック。
バーニアの内側の黄色い部分は別パーツになっているという贅沢仕様。
贅沢ついでにバズーカの後ろ側のすり鉢状の部分(排気口?)の内側も別パーツにしてほしかった。


ひざ裏
フレームを何色かで塗り分けるとなんとなく密度が増したような気分になります。
νガンダムVer.Kaは内装にフレームを被せるみたいな構造になっているので、
マスキングせずとも内側と外側で別の色を吹くだけでも雰囲気が出るように思います。

あ、ひざ裏のパイプの紫色は完全に趣味です。何かパイプの色って自由で良いような気がするんですよね。
赤でも映えるし、白でもいいし。素材もプラとは違うもの被せるのもありかなあとか(自分はそこまでテクニックないですが)。意外なおしゃれポイントだと思います。


足首
足首とふくらはぎも一部メタリックグリーンにしています。発動万歳。こんな石ころひとつ押しかえしてやる。

てなわけで、結局一年以上かかっちゃいましたが、MG νガンダムVer.Kaでした。
今年は月に1体は作りたいです。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

書いている人

はちじょう

Author:はちじょう

スカウター
投票受付中!
無料アクセス解析
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。